ITテクノロジーの進歩

ITテクノロジーは私たちの生活を一変させました。ITテクノロジーがどのようなところで役立ったのでしょうか。少しご紹介したいと思います。

まず身近に感じられるのがパソコンやインターネットの普及ではないでしょうか。登場当時は一部のマニア向けのものでしたのであまり広がりませんでした。しかし、ADSLの登場でインターネット系は常時接続が当たり前となり、それにともなって多くのインターネットサービスが普及しました。楽天やヤフーショッピングを始めとするインターネット通販サイト、調べたいことを調べたい時にすぐに調べられるようになったWikipediaやはてなブックマークを始めとした知識共有サイトなどです。こうしたものがITテクノロジーの進出と共に一気に普及し私たちの生活を向上させるとともにテクノロジーの完成度が高まりました。他にはきっぷを買うときに駅の窓口で使われるパソコンの進化ではないでしょうか。このパソコンはマルスと呼ばれる機械で元々は紙台帳で乗車券や指定席券の管理を行っていたもののそれをやるとなかなか管理が大変。そういう事があったのでパソコンを用いてきっぷを発券するようになりました。マルスはいろいろなところで見かけます。駅にあるのはもちろん、最近ではインターネット経由で新幹線の予約ができたりとその幅の広がりに暇はありません。

私たちの生活のITテクノロジーが向上したのは安価に普及したということもありますし、便利さに押されて普及につながったということも考えられます。いろいろなところでパソコンやインターネットといったITテクノロジーを使うのならばどのように進歩してきたか調べてみるのもまた楽しいものではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です