Categories

Archives

Latest Posts

Tags

IT技術の発達

最近はどんな情報でも簡単に手に入れられるようになりました。ですがIT技術はどのように発展してきたのでしょうか。インターネットとパソコンの歴史を考えてみましょう。

そもそもこのITの主戦力であるパソコンやインターネットは戦時中に考えられました。当時は敵軍の暗号の情報を知るためにコンピューターを作り、そのコンピューターをつなげたものがインターネットの始まりです。そこからITは進歩しました。コンピューターも元々は部屋一杯を使いなおかつフル稼働させてしまうと町の電気を全て使ってしまうという大掛かりな物。インターネットもほんの少しの情報をやり取りする程度でしたから今のような使い方は考えられていませんでした。そこからコンピューターは個人でも扱えられるような大きさに成長。昔テレビを使ったテニスのゲームがありましたがこれがコンピューターの大元となる基本的な条件を踏まえた機械でした。

それからやがて今のパソコンに近い形に成長してアップル・コンピューターとマイクロソフトがOS闘いを始めるようになりました。1995年登場のWindows95を皮切りにマイクロソフトが優位を保っていましたがここ最近のスマートフォンや次世代ノートパソコンはアップルコンピューターが優勢です。インターネットは1995年のWindows95により使いやすく成長しました。それまではパソコン通信というものしかありませんでしたがこの時期になって全世界を結ぶインターネットが生まれたのです。

近年ものすごいスピードで社会のIT化が進んでいます。それに伴い高い技術をもつエンジニアが企業の取り合いになっている状況です。
エンジニアの中には、企業で高い経験値を積み独立して個人で活躍することを目標としている人も多いようです。
ただし、独立する前には「フリーランスとは何か」「フリーランスの現状」などさまざまな情報を得てから行動に移すことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go back to top