ITが市場に普及?

IT業界はなんと「市場」においても急速に普及しています。どのような市場においてITが普及しているのでしょうか。実際に導入されている市場から考えてみましょう。

一番有名なのは「生花市場」ではないでしょうか。「お花の市場でITが普及しているの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますがここは魚や肉、野菜を始めとした人的な作業で行う市場ではありません。生花市場はなんと全てコンピューターによってせりの手続きが行われます。せりを行うのは花屋の仕入れ担当の人たちでせりをする専用の部屋に入ると一人ひとり大画面のコンピュータ画面を見ながらいくらで入札をかけるかと手元の機械で入力します。そうすると素早く他の業者にもせりの価格の情報が伝わりいくら自分が入札すればいいのかということが一瞬でわかります。

このシステムは最近では中古車の市場においても取り入れられたり中には威勢のいいせりの声が飛び交うイメージでおなじみの魚の市場でも採用しようという構想も広がっています。しかし残念なことにITを取り入れようとすると必要経費が多くなってしまうという欠点があります。ですからある程度コストが抑えられるようになればどの市場においてもこの便利な手法を採用することでしょう。

便利な機能を使おうとするとそれに対するコストというものはどこの業界でも多くなるのが当然です。しかしそうしたコストをうまく抑えることによってその会社の企業価値が高まれば十分使うに越したことはありません。多くの市場でこうした技術が採用されることが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です